音楽の秋、ベースとの出会い

音楽に、子育てに追われていたらあっという間に時が経ってしまいました。もう秋も深くなってきて、ニューヨークは落ち葉でいっぱいです。大統領選後でかなり世間はざわついていますが、阿部家は今日も元気いっぱいやっています。

先月末に娘が2歳になりました。生まれたばかりの頃は小さくって痩せっぽっちで、黄疸が出ていたので心配をしましたが、家族の中で一番丈夫な子で生まれてまだ2度(1度は突発性発疹)しか風邪をひいていない健康でありがたい子です。数ヶ月前まで「おっかさん…」と小さな声でささやいていたのが嘘のように今では「おかーーーさーーん!!!」と用もないのに叫ばれます。毎日ニコニコ暴れ回る彼女を見ては笑顔になる毎日です。

後、先月末、大事な出会いがありました。
わたしの師匠が付き添って下さり、ロングアイランドにあるコルスタインというベースストアへ行ってこれから運命を共にする伴侶と出会いました。実は金銭的にも心も全然準備もできていなくて成り行きでお店に行ったのですが、お店に向かう時はお見合い(なんてしたことないけど)する時のような気分でなんだかすごくドキドキしていました。

お店に着くとなんの飾り気もないお店にベースがズラーーっと。もうここで運命の出会いがあると確信していました。そのお店には昔スコット・ラファロが使っていたベースやパーシー・ヒースが使っていた高価な楽器が金庫に大切に保管してありました。

わたしの予算に合うベースをいくつか出してきてもらった瞬間、一本目のベースでこれだ!と運命のベースに出会ってしまいました。そのあとはどれを弾いてもなんだかしっくりきませんでした。その後しばらくして、師匠の息子さんの青森朋也さん(本当にバケモノみたいにすごいベーシスト)が一年間弾き込んで最近置いて行ったという同じ型のベースを弾いてみてビックリ!全く同じベースなのに音が全く違うんです。もの凄く鳴る楽器なので恐れ多い気持ちでしたが、師匠がこっちが久里子さんにぴったりだ、と言って下さり、そのベースに決定しました。わたしがあんなにいい楽器弾きこなせるのだろうかと思うほどでしたが、弾いていると楽器がいろいろ教えてくれている感じがしました。ピッチがズレたらすぐわかるし、ちゃんと鳴れば凄くいい反応が返ってくる、素晴らしい楽器です。これから楽器にいろいろ鍛えてもらえそうです。

写真は私の長年使っていたプライウッドのベースと最後のお別れの図。ボストンで学生時代に出会い、レンタルしていて買い取ったベース。まさかこんなに長い付き合いになるなんて思ってもいませんでした。もうボロボロで壊れかかってて最後まで頑張ってくれました。母からはよくプロが中古の軽自動車ずっと乗っているようなものだ、と言われていた楽器。これからは第二の人生を歩むことになるようです。やっぱり別れる時は少し切なかったです。
a0154085_1120579.jpg

でもこれがこれから人生を共に歩んでいくベースです。
a0154085_1124079.jpg

一目惚れです。楽器って本当にパーソナルなもので、仕事のパートナー、一緒にアートを作り上げていく道具であり、自分の表現を映し出してくれる道具でもあるし、ミュージシャンによっては楽器に名前をつけている人も少なくないみたいです。わたしたちもなんだか新しい家族を迎え入れたようで毎日新鮮な気持ちです。あかりも同伴してくれたので、毎日楽器を眺めてはベース、買った!とちゃんと理解しているようです。これからもっと楽しくなりそうです!
a0154085_1144162.jpg

この楽器とただいま来月控えた今年最大のコンサート、ベートーヴェンの第9の練習に励んでいます。一時間もあるのにそのなかにぎゅーっと感動が詰め込まれている誰もが知る音楽界の大作。ベートーヴェンの第9が凄すぎて、ブラームスは交響曲第1番を完成させるのに20年近くかかったとか。第9ができた当時は弾きこなせるミュージシャン達もなかなかいなかったくらい難しい楽曲らしいです。ベースパートも今までやった楽曲の中でもありえないくらい難しいです。マエストロ・ペレスの指揮で第9を演奏できるなんて貴重な体験をしてきます。今からワクワクしてます。

a0154085_10593327.png


頑張るぞ!!
[PR]
# by kurijazz | 2016-11-14 12:11 | Trackback | Comments(3)

夏の思い出

日本から帰って来てからもう一週間がすぎました。時差ボケもだいぶ治って来ました。ありがたいことに今回も素晴らしい出会いがあり、素晴らしい思い出がいっぱいできました。

帰国して最初の一週間は実家でのんびりとしていました。のんびりとは言っても娘の時差ボケで大変。夕食どきの機嫌悪さったら。。。自分がボケている場合ではありませんでした。でも家族に囲まれて毎日が刺激だらけだったようで娘の頭はフル回転。おとなし目の子がNYに戻る頃にはおてんばちゃんへ豹変してしまいました。おしゃべりも格段にできるようになりました。
a0154085_12515712.jpg
写真は家族旅行での一枚。やっぱり日本人だから浴衣が似合う。生まれて初めての浴衣姿のおかっぱちゃん。同じ年の従兄弟ともケンカしながら楽しそうに遊んでました。遠く離れているところに住んでいるとなかなか会えないもんね。。
a0154085_12485478.jpg
家族との楽しい時を満喫し、お母ちゃんはミュージシャンのスイッチをオン。一つ目は大輔の地元で初ライブ。花水木というオシャレなお店でデュオライブでした。

和室の控え室でウォーミングアップする大輔。
a0154085_13075660.jpg
雨がしとしと降るお昼のライブはなんだか幻想的でした。地元のたくさんのお客様に囲まれて心が温まりました。

翌日は新幹線で長野県上田市へ。
a0154085_12483971.jpg
毎年お世話になっているギタリストの白石才三さんが企画してくれたライブでした。ライブの半分は才三さんと上田市の期待の新人ギタリスト、けんとくんと共演しました。才三さんのソウルフルなサウンドとけんとくんの透き通るような歌声が心地いいライブでした。ギタリスト3人と演奏したの実はこの時が初めてでした。贅沢なひと時でした。たくさんのミュージシャンのみなさんも集まってくれて熱い楽しい夜でした。

Next Stopは佐賀です。飛行機でブーンとひとっ飛び。今回は娘を実家に預けて来たのでドタバタの九州一泊の旅。着いてすぐにレッスン、サウンドチェック、本番と分刻み。
a0154085_12511889.jpg
一度演奏して見たかった旧古賀銀行、浪漫座でのコンサート。
a0154085_12505164.jpg
CDの楽曲に加え、童謡「ふるさと」、佐賀にちなんだブルースを即興で作って弾いてみました。佐賀で有名なものは?との問いにお客様から「海苔!」の一声。海苔をヒントにブルース一曲作りました。佐賀の海苔は美味しいですもんね。でも海苔っぽいブルースは難しかった!笑。大輔のお母さんの故郷の佐賀。遠くから来た私たちを本当に暖かく迎えてくれました。いい街です。
福岡空港にいた45分間にUoUのピアニストで今子育て休暇中のコモちゃんこと小森陽子ちゃんにも会ってきました。
a0154085_12492351.jpg
お互いお母さんになってから初めて顔合わせました。約2年ぶりに会ったコモちゃんはすっかりいいお母さん。また一緒に演奏できるのが待ち遠しいです。

UoUのライブもやってきましたよ!
今回はライブの写真がなくて残念ですが、こんな感じでした。
a0154085_12442731.jpg
結成8年。みんなもういい年になってきました。若かったのにね。中身は相変わらずですが。茅ヶ崎、中目黒の楽屋、御茶ノ水ナル、とも貫禄がついてきた楽しくていいライブでした。やはりバンドっていいですね。楽しいです!

モーションブルーヨコハマでのデュオコンサートもお陰様で大成功。本番前の楽屋。
a0154085_12490813.jpg
夫婦デュオはとても気楽です。なので音楽的にもリラックスしていられます。娘を実家に置いてだと更にお父ちゃん、お母ちゃん頑張らなきゃ!って気持ちでした。

今年はわたしの地元の成田市でもデュオライブしてきました。帰国した翌日に取材をしてくださり、ありがたいことに地元の新聞の一面に載せてもらいました。

高校でジャズバンド部に入ったのが、わたしの原点です。
高校時代の逸話が載っています。あの頃はミュージシャンとしてNYで暮らしているなんて想像もしてなかったな。音楽でやっていけるなんて自信がサラサラなかった。
不思議。そんなことを思い出させてくれる故郷での演奏はいつも初心に戻ることができます。
a0154085_14082265.png
と、こんな感じで今回も本当に優しくて暖かいお客さん、友人、仲間に囲まれて幸せでした。家族と過ごした時間も最高だったし、元気を分けに行ってまた充電して更に元気になってNYに戻ってこれました。素敵な出会い、経験に本当に感謝しています。みなさん、本当にありがとうございました。

また来年日本で会いましょう!
a0154085_12502207.jpg







[PR]
# by kurijazz | 2016-09-24 14:21 | Trackback | Comments(4)

夏はライブだ!日本ツアースケジュール

7月に入ったら急に夏本番になったNYです。7月4日はアメリカの独立記念日。みんな昼間はビーチに行って夜は花火やパーティといった過ごし方をするみたいで、ビーチなんて一番混む日。なのに無性にその日にビーチに行きたくなってしまい、ぎゅうぎゅうパンパンのバスに乗って1時間。久しぶりにビーチに行きました。去年はまだ子育てに追われていたので海にあそびにいくことすら考えていなかったのですが、今回は娘を連れて初めての海でした。
a0154085_12510172.jpeg
やはり海はいいですね。元気をもらえるような気がしました。娘もすっかり海の虜になったようで、足元に迫り来る波に「わー!」と声をあげてきゃーきゃー喜んでいました。どんどん深いところへものすごい力で引っ張っていくので阻止するのに大変。最近覚えた「もっかい(もう一回)」を連発。ずっと海に浸かっていました。この「もっかい」が結構いろんな場面に応用できるので最近駆使されています。

帰り際、海を眺めていた刺青ぎっしりの大きなおじさんが大輔に声をかけていて何かと思ったら、「野球は好きか?」と。元野球部、ソフト部のわたしたちがイエスと言うと、おじさんが翌日のメッツ戦のチケットを2枚くれたではありませんか!話を聞くとかわいそうなおじさんは娘さんと見に行くはずがキャンセルされてしまったみたいです。というわけで、ひょんなことから野球を見に行きました。
a0154085_12512744.jpeg
対マリーンズだったのでイチローが見られるか期待していたのですが、見られず残念。この景色を見てお分かりかもしれないけど、席はでかい球場の最上階。ビルのてっぺんから試合を見てるかのようでビュービュー風がすごく、わたしは冷や汗かきまくり。娘を落としたりしたらどうしようと、野球観戦の最高の楽しみのビールすら買いに行かないほどでした。でもラッキー!あの球場の雰囲気明るくって大好きなんです。試合はメッツが負けたけど、ホームランがボコボコ入って面白かった。おじさんありがとう。と、こんな感じでリーズナブルですが、夏を思いっきりエンジョイしています。

ここでお知らせです。
8月、9月、日本でライブがあります!!

阿部大輔とのCD発売記念コンサートに1年ぶりにUoUとのライブもあり、今からワクワクしています。
a0154085_13215704.jpeg
a0154085_14011983.jpeg
みなさんにまたお会いできるのを楽しみにしています。今回はお母さんになった友達にも久しぶりに会いたかったのでお昼のライブも企画しました。ぜひご家族で遊びに来てください。

8月20日(土) 所沢
ギャラリー喫茶 花水木 (https://www.facebook.com/gallerycafe.hanamizuki)
埼玉県所沢市松葉町15-8
04-2992-6027
阿部大輔(g)、津川久里子(b)デュオ「ピュアソングス」発売記念
※昼間のライブです。ご家族連れでぜひどうぞ。

8月27日(土) 佐賀
浪漫座 (http://www.romanza.jp/)
佐賀市歴史民族館 旧古賀銀行内
0952-24-4883
阿部大輔(g)、津川久里子(b)デュオ「ピュアソングス」発売記念

9月2日(金) 中目黒
楽屋 (http://rakuya.asia/top.shtml)
東京都目黒区上目黒2-15-6
03-3714-2607
UoU (ユーオーユー)
山田拓児(as, ss, bcl, keys)、阿部大輔(g)、津川久里子(b)、二本松義史(ds)

9月3日(土) 茅ヶ崎
ハスキーズギャラリー (http://www.huskys-g.com/)
神奈川県茅ヶ崎市新栄町1-1 Yamajiビル 6F
0467-88-1365
UoU (ユーオーユー)
山田拓児(as, ss, bcl, keys)、阿部大輔(g)、津川久里子(b)、二本松義史(ds)

9月4日(日) 成田
クラウド9 (http://www.jazzbarcloudnine.com/)
千葉県成田市上町556-1 五番街ビル2F
0476-22-2532
阿部大輔(g)、津川久里子(b)デュオ「ピュアソングス」発売記念
※昼間のライブです。ご家族連れでぜひどうぞ。

9月7日 (水) 横浜
モーションブルーヨコハマ (http://www.motionblue.co.jp/)
神奈川県横浜市中区新港1丁目一番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
045-226-1919
阿部大輔(g)、津川久里子(b)デュオ「ピュアソングス」発売記念

9月8日(木) 御茶ノ水
御茶ノ水NARU (http://www.jazz-naru.com/)
東京都千代田区神田駿河台2-1
03-3291-2321
UoU (ユーオーユー)
山田拓児(as, ss, bcl, keys)、阿部大輔(g)、津川久里子(b)、二本松義史(ds)

ご予約、お問い合わせは各会場にご連絡ください。よろしくお願いします。

最後に、5月にNYで行った大輔とのデュオライブの映像です。一曲目はアルバムタイトルにもなった、大輔の名曲の一つ、Pure Song。

Pure Song
ニ曲目はわたしの英語のMCも冒頭で聞けるレアなOctober Wishes。
ちょっと照れますね。


お楽しみいただけたら嬉しいです。この夏はこれを生でぜひ聴いてください。
みなさんにお会いできるのが今から待ち遠しいです!

[PR]
# by kurijazz | 2016-07-10 13:48 | Trackback | Comments(0)

ワシントンDCの想いで


a0154085_11592001.jpeg

二週間前にバークリー時代の同級生、素晴らしいマリンバ奏者の三村未佳ちゃんとDCジャズフェスティバルの一環でワシントンDCの日本大使館で演奏をしてきました。とっても楽しい一時ででした。未佳ちゃんの人柄が出た明るく、優しく、暖かく、楽しい音楽で楽しい仲間と一緒にいい演奏ができました。写真はリハの様子。
a0154085_12412541.jpeg

未佳ちゃんは遠くスタテンアイランドからクイーンズの我が家までリハに来てくれました。とてつもなく大きなマリンバを持ってくるわけにもいかないので、小さなグロッケンや子供の頃誰もが引いたことのある木琴を弾いてくれたのですが、あんなに小さな楽器であんな音を出すなんて!ってびっくり仰天でした。リハの最中は娘あかりもうろついていたのですが、あまりの格好よさと甘やかしてくれるギャップにノックアウトされたらしく、人見知りのはげしい性格なのにもう大好き、大好きで大変でした。本番はもっとすごくなることを確信して楽しみでした。予想通り、右から左へぴょんぴょん軽快に移動しながらあの大きな楽器を弾きこなしてみんなを圧倒させていました。

そこへゲストがなんとヴィブラフォンの超人ウォーレン・ウルフ。
a0154085_12422082.jpeg
ウォーレンともバークリー時代からの友人で当時からうますぎて憧れの存在でした。今はクリスチャン・マクブライドやSF collectiveなどなどいろいろ引っ張りだこのスターです。ウォーレンとも久しぶりに演奏してすごく楽しかったし、あの湧き出る音楽にとてもインスパイアされました。

ギターのイグナシオは初共演だったのですが、アルゼンチンのスパイスが未佳ちゃんの音楽にピッタリ。パーカッションのカンくん。22歳で若いのに気持ちいい安定したグルーヴにカラーをうまい具合に入れてくれる、素晴らしいプレイヤーです。やさしい性格が音楽に表れているようでした。メンバーみんなバークリーを卒業したのですが、彼はなんとこれからバークリーに行くようです。わたしが言うのもなんですが、これからがもっと楽しみです。

ワシントンDCはニューヨークからアムトラックという列車で約4時間のところにある街です。もちろん、日帰りはしなかったので、初めてのワシントンだし、いい機会だからと実は家族みんなで行ってきました。
a0154085_12431040.jpeg
ギグの翌日はオフだったので観光へ。雨の予想がその日はきれいに晴れてくれて気持ちがいい1日でした。娘を連れて初めての旅。食べ物さえあげておけばおとなしい娘なので助かります。ワシントンDCはきれいな街でニューヨークと違ってゴミ一つ落ちていません。信号機も青から赤に変わるまでのカウントダウンが50秒くらいから変わって行くので心にゆとりが。ニューヨークのすぐ5,4,3,2,,,と焦せらされるのが普通の暮らしをしていたので不思議な気分でした。タクシーの運転手も優しかったです。
a0154085_12435472.jpeg
ワシントンDCといえばホワイトハウス。オバマさんもう任期が終わってしまいますが、次のテナントは一体誰になることやら。わたしたちの生活にも大きく関わってくる大統領選に目が離せません。
a0154085_13021398.jpeg
いつもどこでも母の足にまとわりついてくる甘えん坊さんですが、広い芝生を初めて歩いてのびのびとしていました。旅先で困るのが子供の食事。今回もどうしようか、悩んでいましたが、なんとかクリア。食いしん坊なので夜遅くレストランでもご飯が前に出されてあったら大人しくしててくれるので安心しました。

a0154085_12533656.jpeg
ワシントンモニュメント。きれいでした。さて、目指すはあの有名なお方のもとへ。
a0154085_12552582.jpeg
いました、リンカーン。この周辺にはいろんな戦争の記念碑があり、世界の平和について改めて考えさせられました。今回は時間がなくて少ししか観光できなかったのでまた機会があったら訪れたい素敵な街でした。

旅はいいものですね。



[PR]
# by kurijazz | 2016-06-27 13:08 | Trackback | Comments(0)

2人と200人

先週までありがたいことに目が回るくらい忙しく、毎日子育てに音楽に没頭していました。私が出掛け、帰ってきたと思うと、大輔が出掛け。。。今週はゆっくりしているので気が抜けたのか、今日の午後は娘とお昼を食べ終わってから昼寝をして、気づいたら夕方の6時まで二人で熟睡。起きてからまたご飯の支度をしてお風呂に入って、また寝て。と、食っちゃ寝の1日でした。またにはいいか。
a0154085_11394679.jpeg
先週火曜日にニューアルバムのCDリリースコンサートがありました。たくさんの暖かい友達、お客さんに囲まれて胸が熱くなりました。皆さん、本当にありがとう!皆さんの愛を感じ、とてもいい時間を過ごせました。リーダーギグは久しぶりだったので少し緊張してしまいました。大輔との演奏はやはり楽しいです。

二人でのデュオコンサートの2日後はなんと240人(正確には何人かわからない)とのコンサートでした。写真は本番前パノラマにしても入りきらないほどの人数。まだ全員クワイアーも揃っていません。
a0154085_11392007.jpeg
演目はヴェルディのレクイエム。ヴェルディが青年時代から敬愛していたイタリアの文豪マンゾーニを追悼する目的で作られたこの楽曲。有名なので第二楽章は皆さんもどこかで耳にしたことがあるかも。感情がこもっていていろいろな表情を持った曲です。この曲なんとおよそ1時間半もあるのです。私が演奏してきた曲の中では最長でした。あんなに長いと半端ない集中力がいるので、精神的にも鍛えられます。

先週のコンサートからわずか2週間ほどでこんな大作を仕上げないといけないだなんて。それに自分たちのCDリリースもあるし、他のギグもあるし、と心が折れそうでした。

コンサートの時はすでに疲労がたまっていたのか、風邪気味でこんな時に限って滝のように鼻水が滴ってくるのでそっちも大変でした。椅子にタオルをセットしてベースに垂れる前にふく。休符が続いたら鼻をふく。鼻水が上唇まで垂れてきてもあと8小節まで耐えなければ!とか、そんな大事なタオルをうっかり落としてしまい、ベースがあるし、ステージが混み合ってるので手が届かない!その間も垂れてくる鼻水。うしろのクワイアーのお姉さんは親切にタオルを拾ってくれたのですが、鼻水でビショビショで気まずい空気が流れたり。あんな厳かでしーんと静まり返る空間でくしゃみが出そうになったり、咳き込みそうになったり。それが難しいフレーズを弾きながら起こっていたのです。大変でしょ?

でもかあちゃんやりました!完走しました!(本当にそんな気分)

音楽も感動的でした。あの音の厚さ、美しさ、そして迫力。(リハの時は巨大なベースドラムがバコンバコンと目の前で鳴らされるのでその都度、心臓発作起こすかと思うほどの迫力でした)あの曲を書き上げるのにどれだけ大変だったんだろう。あの時代にこんな大作を作り上げるなんて。昔の人は恐ろしいくらいすごいですね。

写真は我らがベースクルー。
みんな凄腕で優しくて新入りの私は彼らにだいぶ鍛えてもらいました。
a0154085_11393144.jpeg
この一週間は2人でのコンサート200人とでのコンサートがありましたが、なんと表現したらいいか難しいのですが、どちらもなにも足りないということも、多すぎるということもないパーフェクトで素晴らしい音楽でした。
デュオもオーケストラもどっちも楽しい!!

いろんな種類の音楽が体感して楽しめる、なんて贅沢な街なんだろう。


[PR]
# by kurijazz | 2016-05-27 12:52 | Trackback | Comments(0)


NY在住ジャズベーシスト   津川久里子の公式ブログ


by kurijazz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

津川久里子プロフィール

東京生まれ。両親の影響で音楽に興味を持ち始め、千葉県立富里高校ジャズバンド部にてベースを弾き始める。2002年、奨学金を獲得後、渡米。バークリー音楽大学に入学。 卒業後、数々のボストン近郊のジャズフェスティバルに出演。その後ニューヨークに拠点を移す。

現在著名なAnthony Wonsey, Walter Blanding, Marcus Printup, Lee Pearson, Tia Fuller, Rodney Green, Mike LeDonne, Jeb Patton, Warren Wolfなどをはじめ様々なミュージシャンと共演し、Dizzy's club Coca-cola, Smalls, Kitano NY, Fat Cat, Bar Next Door, Cleopatra's Needleなどの有名ジャズクラブに出演したり、活躍している。

それと同時に阿部大輔、山田拓児、小森陽子、二本松義史らとコラボレーションバンドUoU(ユーオーユー)をNYで結成。UoUのデビューアルバム "Home" はNYのTippin' Recordより2010年10月にリリースされ、米国のJazz week worldのラジオチャート2週連続No.1を獲得。米国のみならずヨーロッパ各国、南米等でもその実績が評価される。2010,2011年の全国ツアーでは長野県上田市の大型野外フェスティバル「Ueda Joint」に2年連続で出演し、大好評を博す。2013年2作目、メンバーのNYへの思いが詰まった「Take the 7 Train」をリリース。1934年創刊の米国で最も権威のあるジャズ専門誌「ダウンビート」に取り上げられ好評を得るなど大変注目されている。日本でも毎年全国ツアーを行っている。 

2012年、母校がある千葉県富里市の市制施行十周年記念式典に記念講演の講師として招かれる。

2013年には日本全国で発売されている音楽情報誌"The Walker's"の表紙を飾り話題となる。

世界でも数少ない実力派女性ベーシストの一人として世界中からその活躍に期待されている。

Website(英文)は
こちらです↓

Kuriko Tsugawa Website

UoUデビューアルバム
"Home"発売!
uouhome
UoU / Home
聞いてみてね。


☆ 津川久里子のTwitter☆

Follow kurikotsugawa on Twitter

最新の記事

音楽の秋、ベースとの出会い
at 2016-11-14 12:11
夏の思い出
at 2016-09-24 14:21
夏はライブだ!日本ツアースケ..
at 2016-07-10 13:48
ワシントンDCの想いで
at 2016-06-27 13:08
2人と200人
at 2016-05-27 12:52

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

最新のコメント

新しい相棒さんと日本に凱..
by ひろし at 22:41
ひろしさん、ありがとうご..
by kurijazz at 03:40
中古の軽から乗り換えて心..
by ひろし at 22:45
ゆうこー!私もゆうこに会..
by kurijazz at 12:13
くりこー! ゆうこだよ..
by 加瀬裕子 at 19:22
> 杉田史明さん ご無..
by kurijazz at 12:35
前略 お久しぶりで..
by 杉田史明 at 04:48
杉田さん、お久しぶりです..
by kurijazz at 11:37
前略 お久しぶりです。..
by 杉田史明 at 01:10
杉田さん、大変ご無沙汰し..
by kurijazz at 23:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
音楽

画像一覧