<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本でのスケジュール

 荷造りを済ませて朝起きたらもう飛行機で日本です。8か月ぶりにみんなに会えるの楽しみです!
相変わらず日本に行くまではバタバタでさっきまで仕事して今さっきまで練習して新曲を完成させていました。今回はUoUのライブとともに第2弾目のCDのレコーディングもあるので準備にも大忙しです。

日本のライブスケジュールも更新しました。
みなさん遊びにきて下さいね!!

4月30日(水)
横浜市 Park Cafe green
Charcoal grill green presents Park Cafe green opening party & Jazz live
*チャージ 無料 フード&ドリンク ALL\500
*ライブ
UoU 阿部大輔(gt)山田拓児(sax)小森陽子(piano)
津川久里子(bass)二本松義史(drums)(17:00~18:00/20:00~21:00)
Siiya Brown & J.Kamiya, G.Suzuki (19:00~20:00)横浜市西区みなとみらい 2-1-1(横浜みなとミュージアム)
TEL : 045-662-5993

5月2日(水)
横浜市 Bar en
阿部大輔&津川久里子 デュオ(予約制)
神奈川県横浜市中区元町4-180 B1
TEL : 045-662-0802

5月5日(土)、6日(日)
千葉県印旛郡 Cafe Lupos
阿部大輔&津川久里子 デュオ
TEL : 0476-80-2811

5月9日(水)
静岡県藤枝市 Body&Soul
UoU
阿部大輔(gt)山田拓児(sax)小森陽子(piano)
津川久里子(bass)二本松義史(drums)
静岡県藤枝市田沼3-4-7
TEL:054-635-8185
20:30start

5月10日(木)
御茶ノ水 NARU
UoU
阿部大輔(gt)山田拓児(sax)小森陽子(piano)
津川久里子(bass)二本松義史(drums)
東京都千代田区神田駿河台2-1 十字屋ビルB1
TEL:03-3291-2321
1st set 19:30〜 2nd set 21:00〜 3rd set 22:30〜


[PR]
by kurijazz | 2012-04-23 12:22 | Trackback | Comments(1)

もうすぐ日本です。

 もう日本は桜が咲いている頃でしょうか?アメリカ生活で唯一恋しくなるのが毎年この時期。日本の満開の桜がみたくてたまらなくなります。毎年この時期は帰国することがないので日本の桜をもう10年くらい見ていません。お花見もしたいなあ。NYの春もとてもきれいです。極寒の冬で死にかけているように見えた木や原っぱに黄緑色の新しい芽が生えてきてとてもかわいいです。
a0154085_0181661.jpg

 以前もお伝えしましたが、ミッドタウンにある素敵なレストランSprigで演奏し始めて1年が経ちました。これはいつもの演奏している様子です。日本ツアーに行っている間に震災に遭い、心配や不安を抱えてNYに帰ってきて間もなく始まったこのギグ。NYには1年間も続けられるギグもなかなか出会えない中、こんなに長い間みなさんにかわいがってもらえて本当にありがたいです。お店もフレンドリーでみんな明るくっていいお店です。NYにお越しの際はぜひ遊びにきて下さいね。


 もうすぐ日本にまた帰国します!
今回は結婚式をするために帰るのですが、ライブもします!
大輔との新婚デュオの他、もちろんUoUでもライブします!

今回のスケジュールです。

5月2日(水)
横浜市 Bar en
阿部大輔&津川久里子 デュオ(予約制)
神奈川県横浜市中区元町4-180 B1
TEL : 045-662-0802

5月5日(土)、6日(日)
千葉県印旛郡 Cafe Lupos
阿部大輔&津川久里子 デュオ
TEL : 0476-80-2811

5月9日(水)
静岡県藤枝市 Body&Soul
UoU
阿部大輔(gt)山田拓児(sax)小森陽子(piano)
津川久里子(bass)二本松義史(drums)
静岡県藤枝市田沼3-4-7
TEL:054-635-8185
20:30start

5月10日(木)
御茶ノ水 NARU
UoU
阿部大輔(gt)山田拓児(sax)小森陽子(piano)
津川久里子(bass)二本松義史(drums)
東京都千代田区神田駿河台2-1 十字屋ビルB1
TEL:03-3291-2321
1st set 19:30〜 2nd set 21:00〜 3rd set 22:30〜

a0154085_1102988.jpg

これは5月5日、6日にあるライブのポスターです。
久しぶりに故郷でライブします。
このお店、私の両親が友人と数ヶ月前にオープンさせたカフェです。
普段は珍しいダチョウの肉を使った料理も出しているそうです。ダチョウの肉って聞くとびっくりですが、ヘルシーでおいしいんですよ。毎日こだわりの料理をお客様にふるまっているいるようです。この機会にぜひ遊びにきていただけたらと思います。
a0154085_1135797.jpg

左が母。地域情報誌の記事。長年の夢が叶ったとうれしそうです。

実は今回UoUの2作目のレコーディングもする予定です。
すでに新曲がぞくぞくとメンバーから送られてきていますが、またおもしろい作品になりそうです。お楽しみに!

今回のおまけ動画。Anthony WonseyとBrandon Sandersとのトリオ。日曜のお昼のギグ。

阿部大輔とBrandon Sandersとのトリオ。毎週木曜ジャムセッション@
クレオパトラズニードルでの様子です。ベースほとんど聞こえないけど。

帰国までにいろいろNYでもライブやっているので私のウェブサイトからチェックしてください。
[PR]
by kurijazz | 2012-04-10 01:22 | Trackback | Comments(0)

刺激的な2週間

 
a0154085_0571936.jpg

先週、今週となにから書いていいかわからないくらい刺激的な毎日でした。

まずは日曜日のギグでアンソニー・ウォンジーから始まり、その後火曜日からはレギュラーギグでいつものドラマーのアンソニーがツアーに行くのでその週は誰か他のドラマーを代わりに入れなくてはならなかったのですが、その代わりがなんと。

ロドニー・グリーン。

ロドニーはご存知の方の多いと思いますが、大輔のCDのプロデュース兼ドラマーもしていて今ではチャーリー・へイデンのバンドやマルグリュー・ミラーやカート・ローゼンウィンケル、ジェラルド・クレイトンなんかとも演奏をしていてクリスチャン・マクブライドと若い頃レコーディングしてたりとかもうとにかく超すごくてわたしの大好きなドラマーです。わたしも4年前に一度だけ一緒に演奏したことがあるのですが、
ロドニーがそのギグを引き受けてくれるっていうことになったらその瞬間から緊張しちゃって大変でした。しかも3日間もやってくれるってことに。

もちろんたくさん練習して挑みましたが、それでもまだ足りないんじゃないかと思いつつ、当日。いつもの場所にすでにロドニーがいました。わたしと数年しか年が変わらないのにすごく貫禄のあるロドニー。わたしは緊張してるんだけどわくわくして変なテンションでした。大輔とロドニーとはそのレコーディングをきっかけに交流があるらしく、数ヶ月前にNYで私たちが結婚したときのパーティに来てくれた友人の一人でもあります。

久しぶりだね、一緒に演奏したのもう4年前だっけ?
なんて話しつつ、演奏開始してみると。

一発目の音からもうびっくりでした。前に一緒に演奏した時もすごかったのに、さらにパワーアップしてるし、とにかく音がきれい。ロドニーのドラムは誰の音にも似ていないユニークなサウンドで繊細でかつソウルフルで時にトリッキーでいろいろ仕掛けてくるので油断しているとやられちゃう(ロストしちゃう)ドラムを叩きます。演奏中のひとつひとつの音をよーく聞いているのでバンドの誰一人が油断できない感じです。それでいてロドニーはバンドに自由を与えてくれるんです。緊張しているのに自由に演奏が出来ていつもと違うことに挑戦してる自分たちがいてなんだか不思議ですが、そうだったんです。
そんなドキドキわくわくな日が3日続いて、最終日には吸収している音楽的な情報量が多すぎて少しやつれそうになったくらいでした。演奏後、ワインを飲みながら色んな話も聞かせてくれてそんなロドニーでもまだまだ成長して行きたいなんて話していたのを聞いたりして、3日間でロドニーに鍛えてもらい成長させてもらえた気がします。

 その後、いつものようにその足でクレオパトラズニードルの深夜セッションのホストをしに向かって数曲弾いたら若手の売れっ子ベーシストのベン・ウィリアムスが来ました。今週はいろいろ刺激がたくさんあるなと思ってたらセッションに来てくれてた友人がなかなか手に入らないと言われていた翌日のハービーハンコックのチケットをくれました!
この勢いで明日はハービー。なんだか興奮しすぎて鼻血が出そうでした。

 その日の二つ目のギグが終わり、家に着いたのが朝4時。翌日は昼にバークリー時代の友人とブルックリンでセッションして、夜は待ちに待ったハービーを見にニュージャージーへ。睡眠不足に興奮し過ぎで体がおかしな状態でしたが、ハービーはこんなわたしをさらにびっくりさせるコンサートをしてくれました!

 バンドメンバーはエレクトリックな編成でエレベのジェームス・ジナス、リオネル・ルイケ、ドラムが若いトレバー・ローレンス。最初の曲のスティービー・ワンダーのYou've got it bad girlでもうすごすぎてすでにやられた私でしたが、その後もハービーのヒット曲だらけでしかもそれを変拍子にアレンジしたりしてリニューアルされてて、ハービーもピアノ弾いたりキーボード弾いたり、歌ったりものすごくってもう72、3歳になるのにハイテンションのまま2時間40分もぶっ続けで魅せてくれました。しかもすごく楽しそう。
最後はRock itで会場がもう大変なことになってしまってもう腰が抜けそうでした。リハから見ていた友人の話によると、リハもあんなテンションでしかもソロも本番みたいにやって2時間以上やっていたとのことでした。あんなハービーでもリハ中にわからないところがあったら若いミュージシャンに「ここのC-弾くタイミングあってる?」って聞いてたみたいです。若いミュージシャンをリスペクトしてたり、あの年になっても新しいことにチャレンジし続けてバンドをハプニングさせて、なにより楽しそうでハービーのすごさを見せつけられた気がします。今までみたライブの中で一番素晴らしかったライブでした。

ロドニーとハービーにこれから進むべき道を教えてもらえた一週間でした。

あの一週間で得たたーくさんの情報をすこしづつ消化しながら練習にギグをこなし、金曜日はBrooklynにあるBAM Cafeというところで演奏してきました。写真が沢山あるので見て下さい。
a0154085_0584458.jpg

Kenyatta Beasley,Stantawn Kendrick,Benito Gonzalez,Jerome Jenningsという熱いバンドでした!急にこの仕事の依頼が来たのでどんな曲をやるのか、誰とやるのか、なんなのか全くわからなかったけど、会場を見てビックリ。サウンドチェックからいっぱい人がいました。

ベースをもって登場すると見た目がわたしだけ場違いみたいなくらいみんなジャズメンな感じで、バンドメンバーからは本当にこいつで大丈夫なのかよみたいな空気が流れていました。確かに写真を見てみると納得。でも曲だってみんなより知ってたよーだ!
って一曲弾いたらみんな仲良くしてくれました。でもそんなのもいつものことなので慣れっこです。
a0154085_240697.jpg

本番まで何の曲やるかいまいちみんなわかってなかったけど、始まってみたらすごくなりました。
a0154085_241376.jpg

ノリはイケイケグルーヴスイング系っていうのかな。ケニー・ギャレットのピアニストのベニートもいたのであんなバンドのノリでした。写真はアーティスティックだからわかりにくいけど、演奏中も汗が流れてドラマーなんて汗でびしょびしょでライトが反射して青い色に見えるくらいでした。
a0154085_2491037.jpg

会場のお客さんも盛り上がってくれてさらにこっちもヒートアップしてノリノリでした。
a0154085_2303119.jpg

a0154085_2504419.jpg

初めて一緒に演奏したバンドなのにこんな風になるなんて、これがジャズの醍醐味なんだなと思いました。たーくさんのひとが喜んでくれて本当にうれしかったです。

ハービーがライブ中に
「Jazz is "voice of freedom"!」
って熱く連呼してたっけ。


素晴らしい体験が出来た2週間でした。

来週は何が起こるんだろう、わくわくします。もうすぐまた日本に帰ります。またそのことについては後日ブログでお知らせします。
a0154085_115990.jpg

今日はこの辺で。
[PR]
by kurijazz | 2012-04-03 03:16 | Trackback | Comments(3)


NY在住ジャズベーシスト   津川久里子の公式ブログ


by kurijazz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

津川久里子プロフィール

東京生まれ。両親の影響で音楽に興味を持ち始め、千葉県立富里高校ジャズバンド部にてベースを弾き始める。2002年、奨学金を獲得後、渡米。バークリー音楽大学に入学。 卒業後、数々のボストン近郊のジャズフェスティバルに出演。その後ニューヨークに拠点を移す。

現在著名なAnthony Wonsey, Walter Blanding, Marcus Printup, Lee Pearson, Tia Fuller, Rodney Green, Mike LeDonne, Jeb Patton, Warren Wolfなどをはじめ様々なミュージシャンと共演し、Dizzy's club Coca-cola, Smalls, Kitano NY, Fat Cat, Bar Next Door, Cleopatra's Needleなどの有名ジャズクラブに出演したり、活躍している。

それと同時に阿部大輔、山田拓児、小森陽子、二本松義史らとコラボレーションバンドUoU(ユーオーユー)をNYで結成。UoUのデビューアルバム "Home" はNYのTippin' Recordより2010年10月にリリースされ、米国のJazz week worldのラジオチャート2週連続No.1を獲得。米国のみならずヨーロッパ各国、南米等でもその実績が評価される。2010,2011年の全国ツアーでは長野県上田市の大型野外フェスティバル「Ueda Joint」に2年連続で出演し、大好評を博す。2013年2作目、メンバーのNYへの思いが詰まった「Take the 7 Train」をリリース。1934年創刊の米国で最も権威のあるジャズ専門誌「ダウンビート」に取り上げられ好評を得るなど大変注目されている。日本でも毎年全国ツアーを行っている。 

2012年、母校がある千葉県富里市の市制施行十周年記念式典に記念講演の講師として招かれる。

2013年には日本全国で発売されている音楽情報誌"The Walker's"の表紙を飾り話題となる。

世界でも数少ない実力派女性ベーシストの一人として世界中からその活躍に期待されている。

Website(英文)は
こちらです↓

Kuriko Tsugawa Website

UoUデビューアルバム
"Home"発売!
uouhome
UoU / Home
聞いてみてね。


☆ 津川久里子のTwitter☆

Follow kurikotsugawa on Twitter

最新の記事

第二子の誕生
at 2017-07-03 12:46
春の訪れ
at 2017-04-22 12:08
食いしん坊とレコーディング
at 2017-02-05 13:33
師走のコンサート
at 2016-12-13 13:30
音楽の秋、ベースとの出会い
at 2016-11-14 12:11

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

最新のコメント

前略 お久しぶりで..
by 杉田史明 at 13:19
おお!エレベ弾いてるとこ..
by ガーシャ at 17:33
新しい相棒さんと日本に凱..
by ひろし at 22:41
ひろしさん、ありがとうご..
by kurijazz at 03:40
中古の軽から乗り換えて心..
by ひろし at 22:45
ゆうこー!私もゆうこに会..
by kurijazz at 12:13
くりこー! ゆうこだよ..
by 加瀬裕子 at 19:22
> 杉田史明さん ご無..
by kurijazz at 12:35
前略 お久しぶりで..
by 杉田史明 at 04:48
杉田さん、お久しぶりです..
by kurijazz at 11:37

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
音楽

画像一覧