<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ドボルザークとマエストロとジャズ

a0154085_12183722.jpeg
先月、無事にベートーベンとシューマンのピアノコンチェルトのコンサートを終え、今月はドボルザークの交響曲七番、スラヴ舞曲、序曲「我が家」に出会い、先週こちらのコンサートも終えました。

前回は生徒さんが指揮をしていたのですが、今回からはクイーンズカレッジの講師でもあるマエストロ、モーリス・ペレスが指揮をしました。マエストロはレナード・バーンスタインのお弟子さんで、あの小澤征爾さんと兄弟弟子だったとか。もう85歳になるのに彼の指揮はもの凄くて、辛口でよく怒られたりもするけど、マエストロの音楽性を感じられるすごく貴重な体験でした。あの音楽に対する情熱は素晴らしいです。

今月のドボルザークの楽曲はどれもみんな美しく、深く、聴いていて涙が出るくらい心の奥底を震わせてくれるものでした。私がいつも演奏している曲たちとは違って、クラシックのほとんどの楽曲は「交響曲第◯番」とか題名がないもの(それが題名なのだけれど)が多いけれど、題名が明確にわからない分、いろんな想像ができていろんな情景が浮かんできます。まるで映画を観るか、本を読むかの違いみたいですね。そんなドボルザークの楽曲のニュアンスをしっかりと捉えてオーケストラに伝えるマエストロ。聴きながら、弾きながら、音楽にうっとりしてしまいます。

そんなマエストロをいつも遠くから見つめているだけではなく、直接お話しを聞いてみたい!と思っていつも生徒に囲まれている彼を見ていつもタイミングを逃す私。休憩時間になるたびにそわそわしていました。そんな中、リハが終わり忘れ物を取りに行こうとホールへ戻ったら、生徒に肩を担がれながら出てきたマエストロにバッタリ。
慌てて何を伝えようか迷ったけど、出てきた言葉が、
「いつもありがとうございます。いつもとても勉強になっています。」
そうしたらいつも大きな声で怒っているようなマエストロが、まるで孫を見つめるおじいさんのような眼差しで顔をしわくちゃにして微笑んで私の肩に大きな手をかけてくれました。

そんな85歳になる巨匠が、
「次のセメスターではベートーベンの第9をやることになった。この歳になると生きていくための目標が必要になってくる。神様が私に新たな目標をくれた!」
と、オーケストラの前で話していた。私もぜひ彼の指揮の元、この世の大作演奏してみたい!

ところで今月はWomen's history monthらしく、ジャズ界も女性を集めたバンドで結構演奏しています。私もオーケストラに参加する傍ら、ジャズをやったり今月はバタバタとしていました。オーケストラで鍛えられたのか、前より集中力がついてドッシリと構えられるようになってきたような気がします。NYも女性ミュージシャンたくさんいますね。みなさん頑張っています。
a0154085_12204385.png
後、以前お知らせした、The OKB TrioのOこと、ピアニストのオスカー・ペレスのアルバムが発売されました。日本発上陸です。姉が地元のイオンモールで見つけた!って言っていたのでみなさんの近所にも売っているかも。
a0154085_12185301.jpeg
大好きなオスカーのピアノが日本の皆さんに聴いてもらえるチャンスができて嬉しいです。とても素晴らしいアルバムで聴きどころ満載です。
特にオススメなのが日本盤限定ボーナストラック。
なんと私が参加しています!
ぜひぜひ聴いてみてください。

では、また。


[PR]
by kurijazz | 2016-03-23 13:25 | Trackback | Comments(0)


NY在住ジャズベーシスト   津川久里子の公式ブログ


by kurijazz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

津川久里子プロフィール

東京生まれ。両親の影響で音楽に興味を持ち始め、千葉県立富里高校ジャズバンド部にてベースを弾き始める。2002年、奨学金を獲得後、渡米。バークリー音楽大学に入学。 卒業後、数々のボストン近郊のジャズフェスティバルに出演。その後ニューヨークに拠点を移す。

現在著名なAnthony Wonsey, Walter Blanding, Marcus Printup, Lee Pearson, Tia Fuller, Rodney Green, Mike LeDonne, Jeb Patton, Warren Wolfなどをはじめ様々なミュージシャンと共演し、Dizzy's club Coca-cola, Smalls, Kitano NY, Fat Cat, Bar Next Door, Cleopatra's Needleなどの有名ジャズクラブに出演したり、活躍している。

それと同時に阿部大輔、山田拓児、小森陽子、二本松義史らとコラボレーションバンドUoU(ユーオーユー)をNYで結成。UoUのデビューアルバム "Home" はNYのTippin' Recordより2010年10月にリリースされ、米国のJazz week worldのラジオチャート2週連続No.1を獲得。米国のみならずヨーロッパ各国、南米等でもその実績が評価される。2010,2011年の全国ツアーでは長野県上田市の大型野外フェスティバル「Ueda Joint」に2年連続で出演し、大好評を博す。2013年2作目、メンバーのNYへの思いが詰まった「Take the 7 Train」をリリース。1934年創刊の米国で最も権威のあるジャズ専門誌「ダウンビート」に取り上げられ好評を得るなど大変注目されている。日本でも毎年全国ツアーを行っている。 

2012年、母校がある千葉県富里市の市制施行十周年記念式典に記念講演の講師として招かれる。

2013年には日本全国で発売されている音楽情報誌"The Walker's"の表紙を飾り話題となる。

世界でも数少ない実力派女性ベーシストの一人として世界中からその活躍に期待されている。

Website(英文)は
こちらです↓

Kuriko Tsugawa Website

UoUデビューアルバム
"Home"発売!
uouhome
UoU / Home
聞いてみてね。


☆ 津川久里子のTwitter☆

Follow kurikotsugawa on Twitter

最新の記事

誕生日に起こった不思議な話
at 2017-10-12 11:55
New Album!!
at 2017-10-08 10:44
第二子の誕生
at 2017-07-03 12:46
春の訪れ
at 2017-04-22 12:08
食いしん坊とレコーディング
at 2017-02-05 13:33

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

最新のコメント

豊原おじちゃん、お久しぶ..
by kurijazz at 12:21
クリちゃん、元気に頑張っ..
by トヨハラヒロアキ at 15:47
やっぱ血が繋がってるからね!
by kurijazz at 00:26
弟から一言。。 色々盛..
by テツ at 23:39
前略 お久しぶりで..
by 杉田史明 at 13:19
おお!エレベ弾いてるとこ..
by ガーシャ at 17:33
新しい相棒さんと日本に凱..
by ひろし at 22:41
ひろしさん、ありがとうご..
by kurijazz at 03:40
中古の軽から乗り換えて心..
by ひろし at 22:45
ゆうこー!私もゆうこに会..
by kurijazz at 12:13

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
音楽

画像一覧